悪質なペットショップの存在。私たちができることとは?

こんにちは、セネきちです。

セネきち
セネきち

今回はよくある質問にお答えします!

ここをのぞいてくださっている方々はおそらく小さなペットたちを愛する人達だと思うのですが、そういった方々の心を乱すのは「悪いペットショップ」ですよね。

ペットショップは全国にいくつもあります。

しかし残念ながら良いショップというのはほんのひと握り。

ほとんどのショップは、小動物、鳥において“ついでに置いている”感の強いところばかりです。

それでも管理が最低限できていればよいのですが、明らかに「悪い」ショップを見つけてしまった時、私たちにできることは何でしょうか・・・?

今回は良いショップ、悪いショップ、良い店員、悪い店員の見分け方と、改善してもらうための効率的な方法をご説明いたします。

スポンサーリンク

ショップの良し悪しの見分け方

良し悪しイメージ

セーレムさんによる写真ACからの写真

いったいどこを見れば良いショップか悪いショップか判断できるのでしょうか?

順に具体例を挙げていきます。
※ここではショップ店員の愛想の良し悪しは考えないものとします。

良いペットショップの特徴

まずは良いショップの例をお話いたします。良いショップはまず基本的に清潔で、ある程度生き物の世話ができているのがポイントになります。

掃除道具

パッと見でケージが綺麗

ケージを週に1回でも掃除していれば、ある程度綺麗さを保つことができるものです。
また綺麗にしている所は、少しでも生き物を良く見せたいという意欲もありますし、ケージが綺麗であれば清潔で、ペットの体も綺麗、病気も蔓延しにくくなります。

セネきち
セネきち

以前私がいたショップではお客さんが多くくる土日は必ずキレイに保っておけるようにしていました。平日に少しずつ掃除をすすめていました。

※自宅と違い複数入っていることも多いことや、長く使っているケージもありますので、細かい所まで見て汚れを指摘するようなことはやめましょう。

 

水入れ、ドリンクボトルが綺麗

鳥の水入れや小動物のドリンクボトルはずっと使っていると、水垢が付いたり、コケが生えることも。中まで綺麗なのはそういった細かい衛生面まで気にしている証拠です。

弱っている個体を出していない

弱っている個体を出しておくことは、ショップの信用にも関わりますし、他の生体に症状がうつることもあります。良いショップであれば裏にさげて、隔離して治療したり様子をみるものです。

鳥の爪がカットされている

小動物よりも圧倒的に鳥のほうが爪が伸びやすく、更に自分で削れないので放っておくとらせん状になってしまうこともあります。

鳥の爪切りは保定ができなければならないので、爪がカットされているということは、ある程度の技術があるスタッフがいると思われます。

正しい餌が与えられている

時代により多少飼い方に変化はあるものの、ある程度餌にはセオリーというものがあります。

例えばウサギの主食はチモシー牧草、ハムスターはミックスフードやペレット、小鳥には皮付きのシード、というように。
一度でもペットについての本を読む、人に教わるなどしていれば、間違った餌を与えることはありません。

セネきち
セネきち

私は新しい生き物が入荷するたびにひととおりチームのみんなで生態を調べて情報を共有していました。
お客様に聞かれて、しりません、ではあまりにもお粗末ですよね。

ケージに説明書きのポップが貼ってある

 

これはそのお店の店員の生き物に対する気持ちの現れです。手書きだとなお良いです。

より、その生き物を知ってもらいたい、という思いで作られていることが多いので親しみが持てます。

悪いペットショップの特徴

次に悪いショップの例です。悪いショップは生き物を商品として扱っており、売ることだけが目的なっていることが多いので、生き物を綺麗に維持管理できていないのがポイントです。

飼育環境が汚い

これはケージだったり、餌入れだったりドリンクボトルだったりします。

どんなに忙しくても、最低限、健康を保てる程度に掃除ができていないようであれば、鳥、小動物をついでに置いているだけのショップか、店員にやる気がないかのどちらかです。

生き物が汚い

毛並みが全体的に悪い、爪が伸び放題、目やにがついている、など。

餌が適正なものでなかったり、掃除がされていなかったり、ウサギ、フェレット、手乗りインコなど外に出してやることのできる生き物をケージに入れっぱなしで全く外に出さなかったりすると、絡んだ毛や汚れた場所にも気づかず、どんどん見た目が汚れていきます。

餌が間違っている

何の知識もなく世話をしているか、飼育書はあるが古いものしか見たことがない場合、間違った餌を与えていることがあります。

ウサギにニンジン、ハムスターにひまわりの種を山盛り、小鳥はケージ周りが汚れるのが嫌で殻無しのシードのみ、など。

健康状態に影響しますし、そういう場所でお迎えすると、餌の変更が大変なのでおすすめできません。

店員の良し悪しの見分け方

良し悪しイメージ

セーレムさんによる写真ACからの写真

残念ながら、お店が良いお店の条件を満たしていても、店員によっては一気に悪質な店だと判断できる場合があります。

それは知識のある無しはもちろんですが、知識を持った上で悪質な売り方をする場合もあるのです。

特に初めてお迎えする場合はベテラン店員ならすぐ見抜くことができるので、簡単に騙されてしまいます。ぜひこちらを読んでからお店に行ってみてください。

良い店員の特徴

まずは良い店員の特徴です。良い店員は生き物が好きなのはもちろんですが、大切に育てたコたちを良い飼い主に買っていってもらいたいと思っているので、ポップをつけたり詳しく説明をしてくれるのがポイントです。

生き物をケージから出す際に、手際が良い

普段からよく世話をしていれば、ケージから生き物を出すのも慣れています。どうやったらスムーズにストレスなく捕まえることができるかをよく知っているのです。

小動物なら身を低くして、生き物から見える位置から手を伸ばす、鳥なら手で包むようにケージの壁側に追い込む、など。

本当のことを教えてくれる

お客さんが、世話が楽な生き物ちょうだい!とか一番なつくのどれ?とか聞いた時に、まず万人になついたり楽だったりするペットはいないということを教えてくれる、とか、訳ありのコがいれば教えてくれる、などです。

マイナス面も教えてくれる

どの生き物も何かしらマイナス面があります。最低限、一般的に飼育書に書かれているレベルの注意点程度でよいので教えてくれる店員は信頼ができます。

フェレットは臭いがある、ハムスターは複数で飼えない、など。

飼育に必要なものも教えてくれる

安いハムスター一匹でも、きちんと対応してくれる店員は安心できます。

ただし、物を多く買わせようとやたら必要のないものまですすめてくる店員は少し注意が必要です。

悪い店員の特徴

次に悪い店員の特徴です。生き物にあまり興味がない、もしくは特定の生き物のみしか好きではないのか、あまり情熱を感じません。酷い場合、飼育に関する知識をつけようともしないため、古い飼育書片手に接客することも・・・

生き物の扱いが雑

慣れていない生き物はケージから出しにくいものですが、ケージの壁に無理やり押し付ける、手や脚を引っ張って捕まえる店員は生き物に愛がありません。

そういう扱いを受けていれば、生き物は人が苦手になっていますので、お迎え後に慣らすのが大変です。

やたら買わせようとする

飼いやすいペットは?とか楽なペットは?と聞いた時に即答でお店にいる生き物をすすめてくる店員は要注意です。

こういう店員は知識を持った上でセールストークしているので、断るのが困難です。

早く売ってしまいたいだけでアフターフォローが期待できないことが多いので、今お金を持ってきていない、など言って一旦身を引いたほうが良いでしょう。

安い生き物を買うお客に興味がない

ハムスターがほしい人と、高額のフクロモモンガがほしい人とで接し方が変わることはよくある話です。売り上げに目が行き過ぎて、失礼な態度になってしまっているので、あまいいい気分にはなりませんね。

マイナス面を一切言わない

もちろん言わなくても違法ではありませんし、購入する側の勉強不足だと言われればそのとおりなのですが、明らかに初めて飼うと言っている人に対してマイナス面を一切言わないのは良い店員とは言えません。

フェレットはよくなつくけど臭いがあるし、予防接種が要る。

大型インコはとても賢いし寿命も長いが声が大きい、など最低限のことは説明すべきだと思います。

かわいそうなペットは購入して助けるべき?

お腹を見せるハムスター

ham2.netさんによる写真ACからの写真

環境の悪い中で、体調が悪そうにしているコがいる、またはずっと売れ残っているコがいる・・・そういうコを見た時、助けたくなりますよね。

でも先のことまで考えるならば、「助けてはいけない=買ってはいけない」のです。

良いペットショップであれば、そもそも状態の悪いコは表に出していませんが、売れ残ったコが売れて行った場合、教訓として、同じ生き物を仕入れるのに慎重になります。

しかし悪質なペットショップは状態の悪いコが売れていくと、またそこに違う生き物を仕入れます。

理由は「売れたから」それだけです。

結局同じことの繰り返しになってしまうのです。

心が痛むかもしれませんが、誰も買わなければいづれお店は営業ができなくなります。

そのお店に足を運ばないようにしましょう。

苦情を入れる効果的な方法は?

困った顔

悪いペットショップを見ても、自分には何もできないのだろうか、と思われたかもしれません。

でも実はできることがあります。

「苦情を入れる」ことです。ただお店の人に言ってもおそらくもみ消されて終わりです。

苦情を入れるのには良い方法がありますのでお話いたします。

1.店舗の形態を調べる

悪臭がする、ペットが不衛生、ケージも汚い、餌も間違っている・・・

そんなペットショップを見つけたら、店舗の形態を調べてください。

純粋な個人経営のお店は利益がほとんど生まれない業界ですので、だいたいのお店はチェーン展開しているか、ショッピングモールに入っていると思います。

店舗のチラシや、ホームページで調べてみてください。

2.親元になる会社に苦情を入れる

直接ショップではなく、親会社を通すほスムーズにいく場合があります。

気を付けなければならないのは、どういった形態で運営されているのかを調べておくことです。

大型のショッピングモールの中にある場合

もしペットショップがイオンなどの大きなショッピングモールの中に入っているならば、そのショッピングモールのお客様相談室のような場所に苦情を入れましょう。

ただし、生き物がかわいそうだとか、ケージが汚いなどのペットショップの客としての苦情は効果が弱いです。

ショッピングモールにとってはペットショップは「場所を貸している」立場です。

食品や洋服、雑貨も取り扱っているショッピングモールだと、特に嫌がられるのが「臭い」「ハエやゴキブリなどの害虫」です。

そこで衛生面をついた苦情を入れるのです。

買い物に来たが、ペットショップの付近が臭いので近寄りたくない。

ペットショップが不衛生だが食品売り場への影響は大丈夫か?

など、あくまでも「ペットとは関係のない客」の立場で苦情を入れるのがポイントです。

ショッピングモールはペットショップに対してかなり強い立場ですので、何らかの指導は入れてもらえると思います。

店舗が独立しているがチェーン展開している

これはホームページで検索して親会社を探らなくてはならないので、少し手間がかかると思いますが、その店舗が出しているプライベートブランドの商品があれば、より分かりやすいと思います。

商品の目立たない場所ではありますが、必ず問い合わせ先の記載があり、そこが親会社である可能性が高いです。

こちらは「ペットを購入する目的の客」として苦情を入れます。

購入目的で来たのに管理が悪いので買いたくなくなった。

ケージが汚れていて生き物が元気がないが他の店舗もそうなのか?

など。ショッピングモールに比べれば効果は弱いですが、それでもグループ全体のイメージダウンになるので、多少は改善に向かうと思います。

3、snsを使う

これは最終手段ですね。

今は拡散できる時代です。明らかなる悪い状態が見られるのに、何をやっても改善されないならば・・・

snsに投稿して拡散させるのはかなり効くかな、と思います。

もちろんこの方法をとる場合は慎重に、ですが・・・

まとめ

管理の悪いペットショップや、かわいそうな生き物を見ると心が痛みますが、決してその場で感情的に店員に苦情を言ってはなりません。

状況をよく覚えて帰って、可能であれば写真にも残し、最も圧力をかけられる場所に苦情を入れましょう。

犬や猫に比べて、小動物や鳥はどうしてもオマケ感が強く、法改正が進みません。

セネきち
セネきち

生き物たちのために、できることをやっていきたいものですね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. 北海道にあるカインズホームにテナントとして入っているペットショップの飼育環境が、動物愛護管理法に沿っていなかったため、カインズホームや指導担当の行政機関に、何度か苦情や通報をしていますが、いまだに進展がありません。
    ケージに糞がこびりつき、または積もっており、エサは空であったり、飲み水に糞などが入っていて汚れているのを、度々目にしています。
    動物を購入してはいけないことは分かっていましたが、病気のインコが治療されず、数日放置されているのを誰も(行政も)助けてくれなかったので、やむなく購入し病院に連れていきました。
    改善されるまで何度も行政に通報をするしかないと言われ、昨年から行っていますが、こうも変わらないと辛いです。
    正直、店は家から遠いし、もう見たくないのですが、やはり見て見ぬふりはできません・・。
    どこに、どのように助けを求めたら動物達が救われるのか、本当に教えてもらいたい気持ちでいっぱいです。

    • いしい様、コメントありがとうございます。
      酷いですね、読んでいるだけで悪質さがよく分かります!行政も動かないとはどういう状態なのでしょうね。通報があったけど適当にあしらっておけばいいくらいに思われているのでしょうか・・・。
      私の近所のカインズホームは小さいながらもとても丁寧に世話をしているので、よくカインズホームを利用する身としてはとてもありがたいです。やっぱり酷い状態は見たくありません・・・
      ちなみに今回はちょっと過激かなと思い、載せなかったのですが、最近だと、通報よりも効くのがツイッターなどのSNSを使った拡散ではないか、と思っています。こっそり写真を撮っておき、シェアすれば日本中の人に知られることになります。
      動物愛護団体の目に止まればかなりショップも行政も非難を受けるはずです。
      いしい様の自宅からは遠いとのことですし、全体公開しているアカウントも必要なのでなかなか難しいかもしれませんが最終手段として検討していただければと思います。