「鳥の羽を切る」クリッピングとは?!

みなさん、こんにちは。セネきちです!

セネきち
セネきち

今回は手乗りの鳥を飼っている人からよく聞かれる質問にお答えしていこうと思います!

かわいい手乗りの鳥を飼っている方は部屋に放して一緒に遊びますよね。

 

楽しい時間を過ごす半面、飼い主さんからよく受ける悩みがあります。

はじめてさん
はじめてさん

部屋の中を鳥が飛び回っちゃって困っています。外に逃がしてしまいそうだし、どうすればいいですか?

もちろん鳥は飛ぶのが当たり前ですが、飼い主の手が届かないくらいに飛び回ると危険や心配がいっぱいなのです。

今回は、そんな「飛ぶ」ことに関する悩みを解決していきましょう。

スポンサーリンク

なぜ飛んでしまうのがダメなのか?

キバタン 飛ぶ

Quick Start Projectsさんによる写真ACからの写真

鳥は飛ぶもの。それがなぜダメなのか?まずは飼育している鳥が飛ぶことに関するリスクを知りましょう。

飼っている鳥を好きなだけ飛び回らせているとこのようなトラブルが起きます。

・自分がしっかり戸締りを確認して部屋に鳥を放していたのに、予想外のタイミングで家族が帰ってきて扉を開けてしまい、逃げてしまった。

・ケージに戻す、病院に連れて行くためにキャリーケースに入れる時など鳥の嫌がることをしなければならない時に飛び回って捕まえられなかった。

・何らかの原因でパニックを起こした際に無茶苦茶に飛び回り、あちこちぶつかってしまった。

・放鳥していた部屋を飛び出てキッチンに行ってしまい、危うく調理中の鍋に飛び込むところだった。

・逃げた時に大空高くかなり遠くに飛んで行ってしまい、見つけることができなかった。

どうでしょうか。読むだけでぞっとするような話ばかりですね。

セネきち
セネきち

特に一番最初の、自分がしっかり戸締りをしていても、たまたま家族が戸を開けて逃げた、

という話はとてもよく聞きます。

飼育されている鳥というのは逃げてしまえばまず見つかりません。

外には天敵がいっぱいで、餌も上手く見つからないでしょうし、温度の変化も大きいです。

逃げる=もう戻らない と思っていただいたほうが良いです。

(ちなみに逃げられた方が口を揃えて言うのは、「絶対大丈夫だと思っていた」です!)

このように、飛び回ることにはリスクがつきものなんです!

「クリッピング」のすすめ

はさみ

さて、飛び回るのが逃げることやケガにつながる、というのはよくお分かりいただけたと思うのですが、これを解決するのに「クリッピング」をおススメしています。

クリッピングとは簡単に言えば羽を切ることです。

なちゅ
なちゅ

ええっ!!!かわいそう!!痛そう!!鳥から羽を奪うなんて!!

血も出るだろうし、動物虐待!!

・・・なんて思われる方がほとんどですよね。

セネきち
セネきち

セネきちも最初羽を切る行為に抵抗がありましたので気持ちはよく分かります。

でも大丈夫です。そんな方にこそ、最後まで読んでもらいたいのです。

 

読み終わる頃にはクリッピングは虐待でもなんでもないことが分かると思いますよ!

まずは一番心配な「羽を切ること」の悪いイメージをひとつずつ解決していきましょう。

羽を切るってこんなこと?!

はじめてさん
はじめてさん

羽を切るって痛くて血が出るでしょう??

 

セネきち
セネきち

いえいえ。羽を切るのは神経も血管も通っていないところです。人で言うと爪切りみたいなものです。もちろん傷みもありません。

はじめてさん
はじめてさん

飛べなくなるとなんかカワイソウだな、歩くしかできなくなるの??

いえいえ。

セネきち
セネきち

羽を切る量によって飛ぶ高さが変わるんです。よく飛ぶコは多めに、あまり飛ばないコや飛ぶのが苦手なコは少なめに切るのもアリです。ちなみに飛ぶのが上手いコは羽を切ってもなぜかすぐに旋回したり普通に飛べることもあります。

はじめてさん
はじめてさん

羽を切ってしまったらずっとそのまま??失敗したら大変だな・・・

セネきち
セネきち

それも大丈夫!鳥は生後半年頃羽が生え替わり、その後は1年に1度全ての羽が生え替わります。一度に生え変わるコもいれば徐々に生え替わるコもいますね。

いかがですか?羽を切ることって痛くもないし、かわいそうでもないし、羽を失うわけでもないんです。

では少し安心したところで、一応羽を切ることのデメリットもご説明いたしますね。メリットしか分からないと不安ですよね!

羽を切ることのデメリットは?

羽を切ることの最大のメリットは、「逃げてしまう」ことがなくなるということですね。

捕まえたい時に捕まえることができるので無駄に追いかけて怖がらせることもありません。

ではいいことばかりなのか?というと、一応デメリットもあります。順に説明させていただきますね。

デメリットその①見た目がかっこ悪くなる

羽繕いするインコ

サクママさんによる写真ACからの写真

シュッと伸びた長い風切り羽、羽繕いをしている時に扇のように広がる美しい翼。

・・・一部であっても羽をカットしてしまえばその完璧な美しさは少なくなってしまいます。

デメリットその②切るのがちょっと難しい

羽をカットしてくれるペットショップや病院が近くになければ自分で切ることになるのですが、慣れないうちは一人では難しいです。

まずは鳥の体を安全に保定するやり方からマスターする必要があるため、飼い主がやり方を学ぶ以外にも、鳥にもヒナのうちから体を触られることに抵抗を持たないようにしなければなりません。

暴れた状態で無理やり抑え込んでカットするのは大変危険な上、鳥に「手は怖いもの!」という感覚を覚えさせてしまうのでやめましょう。

デメリットその③最初は鳥が戸惑うのでストレスになる

こちらを見るオカメインコ

もえだまめさんによる写真ACからの写真

だいたいの場合、飛び始めてから羽をカットしよう!となるため、初めは鳥も戸惑います。

スイスイ飛べていたのにいきなり飛びにくくなるわけですから。

なので、羽は飛び始める前にカットするのがおススメです。

ヒナなら羽が生えそろって成鳥と同じ飼い方を始めた頃です。

セネきち
セネきち

デメリットはこのような感じでしょうか。鳥を可愛がっている方なら普通にクリアできることばかりだと思いませんか?

はじめてさん
はじめてさん

確かに・・・逃がしたりケガさせることに比べればなんでもないね!クリッピングは虐待じゃないんだね!

そう。虐待なんかではないんです。鳥を飼うのは人のエゴかもしれませんが、一度飼うと決めたなら、そのコを安全に飼う義務があるのです。

だいぶ不安もなくなってきたと思うので、次はクリッピングのやり方をみていきましょう。

羽の切り方

では、肝心の切り方の説明をさせていただきますね。

用意するものは普通のハサミでかまいません。

サッと切ってしまったほうが切り口も乱れないし、早く終わるのでよく切れるものを使いましょう。

まず、鳥の羽というのは広げるとこのような形をしていますね↓

一番下の長い羽が風切羽、真ん中の列あたりの小さな羽は雨覆です。細かく分ければ、羽の場所によって名前があります。

カットできるのは、の付いている部分、すなわち風切羽のみです。

ここは神経も血管も通っていません。

この風切り羽以外をカットしようとすると、出血してしまい、鳥も痛みを感じます。絶対にやめてください。

どのくらいカットすれば良いのか?

カットする量ですが、オレンジ色の付いている部分、風切羽であれば切る量はどのくらいでも良いです。

最初は上の図のように風切り羽の最も外側の一番長い所を3~5枚カットすることが多いです。オレンジの部分が残した部分です。

風切羽は長い部分ほど飛ぶ時の力になりますので、一番外側のたった3枚ほどカットするだけで飛ぶ距離、高さが激減します。

セネきち
セネきち

この切り方は最も簡単で、短い枚数カットするだけで済みますが、その代わり一番綺麗な部分を無くすので、羽を閉じた時の見た目は少々恰好悪くなります。

↑このような切り方もあります。

上の切り方とは逆で、一番長い羽だけ残してそれ以外の風切羽をカットするやり方です。オレンジ色の部分が残した部分です。

セネきち
セネきち

この切り方は一番綺麗な部分が残るので、羽を閉じた時に違和感が少ないです。その代わり切る量が多いので少し難しいのと、ケージにひっかかりやすくなるというデメリットがあります。

羽は年に1回生え替わりますので、両方試してみるのもいいですね。
切る量に関しては、飛び方に個体差があるためこれといった決まりはありませんが、最初は少なめにカットしておいて、すぐ飛んでしまうコは追加でカット、あまり飛ばないコはそのままに、と調節しましょう。

羽をカットしても油断大敵!

手乗りオカメインコ

鳥の羽というのは1年に1回生え替わります。換羽(とや)といいます。

体にツンツンしたトゲのようなものが出てきたら生え替わりの始まりです。

トゲは新しい羽が入っているサヤのようなものです。

セネきち
セネきち

このサヤが取れると、綺麗な羽が出てくるのですが、急に風切羽が新しくなるので、一気に飛べるようになります。

確かカットしてあったのに・・・と羽を見ると全て元通りになっていた、というパターンが多いです。

換羽が始まったな、と思ったら放鳥時に戸締りに十分注意し、風切羽が生えて来たらまたカットしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

鳥が飛びまわって困っているという方、羽を切るのに抵抗のあった方の参考になっていればうれしいです。

鳥は飛ぶものですが飼育している以上はきちんとその命を守ってやらなくてはなりません。

鳥が逃げてしまってから後悔してもどうしようもないので、まだ何も考えていないなぁ、という場合は早めに対策をとってあげてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント