セネきち、文鳥を語る。

文鳥好きの皆さんこんにちは!セネきちです!

なちゅ
なちゅ

今回は飼育とは全然関係ない話だよ!

あきしゃん
あきしゃん

セネきちの独断と偏見による文鳥語りのためのお部屋だよ!

セネきち
セネきち

そう、今回は文鳥の魅力について語ろうと思います!
飼い方の参考にはなりませんが・・・良かったら見ていってくださいね♪

スポンサーリンク

文鳥とは?

文鳥とは??
それは、好きな人はもう飼うなら文鳥だけしかありえない!というくらいの魅力をもった鳥のこと、それが文鳥です。

色のバリエーションは飼育鳥の中でも少ないほうで、基本的に桜文鳥か白文鳥。

なぜかノーマルカラーの並文鳥は手に入りにくい。

シナモンやシルバーなどレアカラーはあまりに手に入らない上にヒナは飼育が難しい・・・

おしゃべりも期待できないし、性格は負けん気が強く、ちょっと怒りっぽい。

セネきち
セネきち

文鳥への悪口ではありませんよ!なんというか、文鳥にはインコとはまた違った、独特の人間臭さのようなものがあるのです。

飼えばどっぷり魅力にハマる、そんな鳥です。

文鳥のからだ

次は文鳥の体をじっくり観察してみましょう・・・

文鳥はなんといってもそのボディーの魅力が素晴らしいですよ!

人気のパーツごとにみていきましょう。

もっちりお尻

ぷりぷりのお尻、健康の証の綺麗なお尻!

インコのようにモフッとした感じではなくて、本当にぷりっと綺麗なお尻なのです。

文鳥ファンの中では1、2を争う人気物件ですね!

時々割れる・・・?お腹!

お腹も人気のトップを争っていますね。

特に白文鳥のお腹。指の上で休んでいる時など、まるで大福のような姿を楽しむことができますね。

そして鳥というのは時々お腹の羽毛が真っ二つに割れていることがあります。ついつい指を入れたくなる・・・(^^;)

お顔

別にホッペが赤いとかいうわけでもないのですが文鳥は頭、ホッペは別パーツみたいになってます(笑)

頭だけふわっとなっていたり、ホッペがやたらぷっくりしていたり。

文鳥って、表情がとっても顔に出るんです。

怒っている時は目が吊り上がって明らかに怒ってますな顔になっていますよ。

性格が一番の魅力!

文鳥の一番の魅力は結局なんなのか?

それは冒頭でもお話した、性格にあるのではないでしょうか?

自分より大きな鳥にも向かっていく強さ、大好きな飼い主に思いっきり愛のメロディーを奏で、甘える姿、そしてやきもちやきで、ちょっと噛んでしまうこともあったり・・・

まるでわがままな恋人のような感じです。

小さいので肩に乗せていたら、愛する飼い主の羽繕いのつもりなのか、まつげを抜きに来たとか来ないとか・・・

とっても小さいのに、まるで住人が一人増えたみたいな存在感を醸し出す、それが文鳥のすごいところなのです。

まとめ

セネきち
セネきち

文鳥の魅力、伝わりましたか?

どうしてもインコの種類の豊富さとおしゃべり能力に負けてか、全くの初心者状態からの文鳥のお迎えは昔に比べれば減ったように思います。

でもでも・・・飼った人にしか分からない独特の魅力を味わえることをお約束いたしますよ!

手乗りにする時は、ぜひ元気いっぱいのヒナから育ててみてくださいね。愛着がどんどん沸いてきますよ♪

文鳥について詳しく知りたーい!!という方はこちらを見てみてくださいネ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメント