モルモット

小動物好きのみなさん、こんにちは!セネきちです!

セネきち
セネきち

今回からはモルモットについて飼い方や魅力をお伝えしていこうと思います!

あきしゃん
あきしゃん

まずはモルモットってなんだ?という方のために簡単に説明していくよ!

スポンサーリンク

モルモットとは?

♡ほっぺママ♡ 様宅のほっぺちゃん

まずはモルモットとはどんな動物なのか?というと、ネズミ目テンジクネズミ科テンジクネズミ属の小型哺乳類です。

原産地はアンデス地方で乾燥した地域に巣穴を掘って住んでいます。

食性は草食で、野生では野草や牧草を食べていますが、飼育下ではチモシー牧草を主食として、副食に専用ペレットを与えます。

ただしビタミンCを体内で生成することができないという特徴をもつため、ペレットに追加で与える必要があります。

オスとメスの違い

オスとメス

もぐら綿棒さんによる写真ACからの写真

モルモットの性別は、成熟した個体ならば生殖器の形や排泄物の形で判別がつきますが、子供のうちは判別が非常に難しい上に無理に抱っこして生殖器を見ること自体もモルモットにとって大変なストレスになります。

ペットショップで生後2か月未満の子供からお迎えする際は、無理に性別確認をしてもらわず、性別が間違っている可能性もあると思っておいたほうがよいでしょう。

どうしても性別を確定させたい場合は大きめのコを選びましょう。

オスの特徴

くう太君のお尻

ちぃ様宅のくう太ちゃん

・生殖器が丸い形で成熟すると膨らむ。

・排泄物の形がバナナのように曲がっている。

メスの特徴

・生殖器がYの字型。

・排泄物の形がまっすぐでやや丸っこい。

寿命は?

モルモットの寿命は5~8年くらいです。

体の大きさのわりには短めかもしれません。

モルモットはストレスに弱いというところ、そして体内でビタミンを作ることができない性質をもち、皮膚病にも罹りやすいため、飼育する際の飼い方によって寿命が大きく異なります。

モルモットの種類

モルモットは毛並みや毛質の違ういくつかの品種があります。

手に入りやすい順にみていきましょう。

手に入りやすいモルモット

モルモットを販売しているショップなら手に入れることのできるモルモットたちです。

価格も3,000円~8,000円くらいで家族で初めて飼うペットとしてお迎えしやすいです。

複数販売されていることも多いので好きなカラー、柄のコが選べます。

イングリッシュ

こちらを見るルナちゃん

🌛ルナ➕エト🌟‏様宅のルナちゃん

短毛種。全身の毛が短く丸みのあるフォルムがかわいらしいです。

一般的にモルモットというとこの品種を指し、動物園のふれあい広場などでも見かけます。

手に入りやすい品種ですが、カラーバリエーションや柄の入り方がとてもバリエーション豊富で、自分だけの1匹を見つける楽しみがあります。

クレステッド

つむじのあるモルモット

ポリ子さんによる写真ACからの写真

短毛種。頭頂部につむじのあるモルモットです。

つむじ以外の見た目はイングリッシュとほぼ変わらず、混ざって売られていることも多いです。

最近ではつむじの毛が長い品種も出ており、コロネットと呼ばれていますが、まだペット市場にはほとんど出回っていません。

アビシニアン

くつろぐエトちゃん

🌛ルナ➕エト🌟‏様宅のエトちゃん

長毛種。巻き毛モルモット、ロゼットなどの別名で売られていることもあります。

全身の毛がやや固めで、つむじがあちこちにある感じです。見た目がとてもゴージャスです。

ほっぺちゃん 背中

♡ほっぺママ♡ 様宅のほっぺちゃん

やや手に入りにくいモルモット

普通のペットショップではたまに見かける程度かな?というモルモットたちです。

長毛種はベビーの頃ははっきりとした品種が分からないことも多いので、大きくなってみたら体の毛だけ伸びた!という話もよく聞きます。

価格は1万円前後です。

ぺルビアン

毛の長いモルモット

らててまさんによる写真ACからの写真

長毛種。全身の毛がとても長いモルモットです。毛質は柔らかく、ブラッシングが必要です。

シェルティに似ていますが、ぺルビアンは頭頂部、背中の毛が長く伸びるのが特徴です。

シェルティ

長毛種。こちらも全身の毛が長く、毛質が柔らかいのでブラッシングが必要です。

ぺルビアンとの違いは、こちらは頭頂部があまり伸びず、胴体の毛が長く伸びます。

珍しいモルモット

普通のペットショップでは滅多に見かけず、また値段も2~4万円くらいするモルモットたちです。

見かけたらすぐ購入するか、どんな模様のコか分からないリスクはあるけど注文して取りよせてもらうか・・・たくさんの中からお気に入りのコを選ぶのが難しい面があります。

テディ

縮れ毛。縮れた毛が密に生えているので、近くで見るとテディベアのようにむくむくで可愛らしく、人気があります。レックスという名前で販売されていることもありますが、見た目はほぼ同じで、毛がレックスのほうが多少多めであるということと、認可された国が違うくらいです。

ゴミが絡まりやすいので、常に清潔に保てるようにお手入れが必要です。

スキニ-ギニアピッグ

acworksさんによる写真ACからの写真

見た目にインパクトのあるこのモルモットは、体毛が無い個体、鼻の上のあたりと手足の先に短い毛が少し生えているのみの個体、産まれてしばらくは毛が生えているけれど成熟する頃にはほとんど抜けて無毛の状態になっている個体に分かれます。

寒さ、皮膚疾患に弱いですが、毛が無いことから動物の毛にアレルギーのある人や、見た目がブタっぽいのでブタの好きな人にも好んで選ばれます。

毛はありませんがカラーは意外に豊富で、真っ黒、肌色、まだら、アルビノなどがあり、中でも真っ黒のコは人気です。

スキニ-ギニアピッグは他のモルモットと違い、手に入るのはほとんどがオスです。メスは滅多に見かけることはなく、値段もオスよりはるかに高いため、モルモットの中で最も手に入りにくいのはスキニ-ギニアピッグのメスということになりますね。

モルモットの飼育

こちらを見るルナちゃん

🌛ルナ➕エト🌟‏様宅のルナちゃん

学校や動物園、家庭でも飼育数の多いモルモットですが、正しい飼育方法は意外に浸透していません。

正しい知識をもって飼育すればよく慣れ、長生きしてくれますよ。

モルモットの性格

モルモットの性格は一言で言えば「臆病」です。

野生では狙われる立場の動物であり、常に神経をとがらせて生活しているため、ペットのモルモットも警戒心が強めです。

また、短毛種のほうがやや慣れやすい傾向にあり、長毛種のほうが神経質なコが多い印象です。

短毛種はグルーミングもほとんど要らないですし、丈夫なので初めての飼育にはイングリッシュかクレステッドがおススメです。

注意すべきこと

・モルモットはとても大人しい動物なのでふれあい動物園ではひっぱりだこですが、決してもともと人なつっこいというわけではありません。
頻繁に触られたり体を掴まれることはストレスになります。
飼育の際は無理に触れ合いを求めないほうが、モルモット自身が人のことを「無害」だと判断できるようになるため、後々慣らしやすくなります。

・モルモットは床材と体の位置が近く、排泄物も多いので、不潔になりやすいです。
常に綺麗な環境で飼育してやれば皮膚疾患になるのを防ぐことができます。

・モルモットは自分自身でビタミンCをつくりだすことができません。
飼育の際は必ず餌にプラスでビタミンCのサプリメントを与えましょう。

セネきち
セネきち

他にも、モルモットの飼育には気を付けなければならない、大変なところはあります。どこにでもいる動物だけど、飼育は丁寧にしてあげる必要があるのです。

どこで手に入れる?

モルモットは比較的手に入りやすいペットです。

ペットショップでも、ブリーダーでも、または個人で引き取り手を探している人もよく見かけます。お迎えの際は、ペットショップなら管理がきちんとしているところで、またブリーダーや個人宅からお迎えする場合は、管理はもちろんですが、近親交配されていないコかどうかも確認しておくと安心ですね。

モルモット集合

nobeziさんによる写真ACからの写真

まとめ

いかがでしたか?今回はモルモットについて説明させていただきました。

動物園でもよく見かけるモルモットですが実際にどんな動物なのか、どうやって飼えばいいのかを知っている人は少ないです。

正しい飼育方法もこれから紹介させていただきますのでぜひ参考にしてください。
モルモットはカラーバリエーション豊富で、イングリッシュならば模様も様々、時にびっくりするような模様のコもいますよ!

優しく接してあげれば抱っこやグルーミングで喜ぶかわいいベタ慣れになるコもいます。

セネきち
セネきち

お迎えを予定している方は、フィーリングの合うコをぜひ探してみてくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

モルモット
スポンサーリンク
しんじつのふわふわずかん

コメント