どうやったらペットが長生きできますか?

これはペットを愛する者なら誰しもが考えることだと思います。

逆に、どうやったらペットが長生きできるか?を考える人こそが、ペットを幸せにしてあげることができるのだと思います。

結論から言えば、飼っている生き物の性質と飼育環境が上手く適合することが長生きの秘訣です。

・・・これでは分かりにくいですね(-_-)

もう少し掘り下げてお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

長生きする飼い方の常識

まず私が生き物について、本やネット、講師により学び始めた頃は、長生きの条件とはこうだろう、と思っていました。

広いケージ、栄養バランスの優れた人工飼料、病院での定期的な健康診断。

確かに間違ってはいないのです。

この飼い方は正しいです。ペットの世界ではもはや常識です。

 

なのに、いざ様々な生き物と飼い主さんを数えきれないほど観察していく中で、

こんなにいい飼い方をしているのにどのペットもあまり長生きしていない・・・
とか、

えっ?こんな飼い方なのにそんなに長生きしてるの?!
という経験あまりにも多かったのです。

実際に長生きさせている人の特徴

ペットを長生きさせている人の特徴としては、

・おおらかで細かいことを気にしない。
・飼育書は持っていない、餌はパッケージのデザインか値段で適当に買っている。
・自分が飼っている生き物の平均寿命も良く知らない。
・毎日触れ合うことはしない。

という人が多かったです。

 

決して飼い方としては良いわけではありません・・・
ハムスターなら餌は種が入っているミックスフードのみでなんとなく飼っている・・・

みたいな感じです。

 

でもこういう人のペットに限ってなぜか平均寿命をはるかに超えて長生きするようです。

当時ペットの飼い方を伝える身だった私としてはなんとも納得しづらい情報でした。

結論

結局のところ・・・

ペットも飼い主も「お互いにストレスにならない飼い方をすること」が長生きの秘訣なのだと思います。

大好きな餌をいつでも食べることができて、あまり干渉もされず、気楽に生きる、それが余計なストレスを溜めないで生活することにつながるのだと思います。

病院の健康診断だって悪いことではありませんが病院=健康になれる、病気が治る と分かっているヒトと違い、生き物にとっては、基本的に多大なるストレスを感じるだけの場所です。

自分の飼っているペットの専門の病院があればかかりつけにしても良いとは思いますが、そうでなくて犬や猫しか診れないような病院なのに無理に頻繁に健康診断に行くようなことは避けてあげたほうが良いのではないかと思います。

 

ちなみに私はこのことをお客さんに話したことはありません。

適当に飼育することに繋がっては大変ですし、まずはどの性質の生き物であってもある程度幸せに飼育してやれるであろう、正しい知識を伝えなくてはならないので。

 

なので初めての飼育をする方は、飼育の環境はきちんと整えてあげてくださいね。

その上で、生き物の性質を理解して接してあげてください。
触れ合いを好むのか、好まないのか、餌は喜んで食べているか。

まとめ

いかがでしたか?あまり大きな声で言えないような、実際の長生きする条件だったかもしれませんね。

何よりも大事なのは、飼い主さんがおおらかな気持ちでいることです。
気質は確実にペットにも影響を及ぼします。

今すでに飼育していて、いつもいつも、いまいち長生きさせられないなとか、ペットを飼っていても心配ばかりしちゃって楽しくないなあと感じる方は、思い切って今までやってきたことを変えてみてはいかがでしょうか。

ペット飼育にセオリーはあるようでないものなのです。

きっと楽しい飼育ライフにつながりますよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント