カラーによって飼いやすさは変わりますか?

だいたいどんなペットでも、特殊な生き物以外はカラーがいくつかあり、販売されています。

品種改良であったり、自然に稀に出る色であったりします。

結論から言えば、

飼いやすさはカラーによって違うことがあります。

では何がどう変わるのか、お話します。

目が赤い個体

アルビノ、ルビーアイなどと呼ばれ、好き嫌いの分かれるカラーです。

生まれつきメラニンが欠損しているため、黒の色素が無く、目の血管が透けて赤く見えます。

体は真っ白であることが多いですが、キャンベルハムスターやシナモン文鳥など体に色の残るものもいます。

これらのアルビノ個体たちは、視力が弱いです。

もともと視力ではなく嗅覚や聴覚に頼る生き物では特に気にしなくても大丈夫ですが、鳥は目に頼って生きている部分が多いので、ケージ内をシンプルにしてあげると良いでしょう。

非常に数の少ないカラーの個体

これはある程度その生き物のメジャーなカラーが分かっていないと判別が難しいですが・・・

一匹のみの入荷!とか、珍カラー!といったうたい文句で販売されていたり、他の個体に比べ格段に値段が高かったりすれば珍しいカラーであるといえます。

 

自然界で突然変異で産まれたものか、人工的な品種改良でたまたま産まれたものかは分かりませんが、どちらにしてもこういった個体は体が弱いことが多いです。

 

特に各種インコのヒナ、文鳥のヒナの珍しいカラーの個体は購入してから大人の餌を食べられるようになるまでの状態まで育てることが難しいです。

 

またこれらの生き物は繁殖能力に関してもあるのかないのか分からなかったり、また稀にしか入荷しないくらい珍しいカラーだと品種としての固定もできていないので、繁殖させるのは避けたほうが良いです。

(細かく言えば致死遺伝子など絡んでくるのですがややこしいので省きます)

(おまけ)ジャンガリアンハムスターのカラーについて

この質問を一番よく聞いた生き物がジャンガリアンハムスターです。

飼い方はどのカラーも変わりませんが、それぞれ体質が微妙に異なることがあるので参考までに。

グレー

ごく普通のジャンガリアンハムスターです。

ブルー

ブルーサファイアとも呼ばれます。

ブルーは稀に木のチップのアレルギーをもっている個体がいます。詳しくはアレルギーについてのページを読んでみてください。

またこのカラーは劣勢遺伝というものになるため、ブルーどうしでの繁殖は避けましょう。

イエロー

プティングとも呼ばれます。

イエローは太りやすい傾向にあるため、種の与えすぎに注意してください。

また綺麗なイエローをしているのはごく若い時だけで、成長に伴い全体的に薄い色になったり、黒い毛が目立ってくることがあります。

ホワイト

パールホワイトとも呼ばれます。

飼い方は通常どおりで大丈夫です。

このカラーは成長に伴い最も色が変わりやすいです。黒い毛がかなり多くなる個体も多く、またどのあたりに黒い毛が多く出るかも個体差が大きいです。

ベビーの頃の色はあまりあてにならないので色の出具合で選ぶのはあまり意味がないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?カラーによって大きく飼育方法を変える必要はありませんが、せっかく手に入れたコは元気に育てたいですよね。今からペットのお迎えを考えている方は、カラーによっての違いを少しでも知っておくことで飼育の役に立つことがあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント