【人気NО,1!】ジャンガリアンハムスターとは?

みなさんこんにちは!セネきちです!

セネきち
セネきち

今回は誰もが見たことがあるであろう、最もポピュラーな小動物、ジャンガリアンハムスターについてのお話ですよ!

箱から出るハムスター

みーこちゃんさんによる写真ACからの写真

ペットとして老若男女に愛される、ジャンガリアンハムスター。
飼い方や、お迎えする時の注意点を知りたい!という方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、まずジャンガリアンハムスターとはどういう動物なのか?!という点について見ていこうと思います!

ジャンガリアンハムスターを飼ってみたいけど、どんな動物なのかな?
寿命は何年くらいなんだろう?
飼育は難しいのかな・・・?

こんな疑問をお持ちの方におススメの記事ですよ!

飼い方をすぐ調べたいよ~!という方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

ジャンガリアンハムスターとは?

種別 ネズミ目キヌゲネズミ科ヒメキヌゲネズミ属
サイズ 全長約7~12㎝、体重約30~50g
生息地 ロシア、モンゴル、中国。主にアジア北部

野生での生活
乾燥した地域に住み、単独で移動します。行動範囲は広く、1日に数キロ移動することも。
食性は雑食で、野生では植物・動物・昆虫などを食べています。

座るハムスター

nikkoさんによる写真ACからの写真

 オスとメスの違い

ハムスター 雌雄

ジャンガリアンハムスターの性別は、生殖器と肛門の距離で見分けることができます。
生殖器と肛門の間が離れているのがオス、近いのがメスです。
メスは成熟すると乳頭も見えます。

ただし、ベビーの頃は見にくいため、ペットショップでは間違えていることも。
どうしても性別に希望がある場合は、ある程度大きくなっているコをお迎えしましょう。

ちなみにオスはおっとりしているコが多いイメージ、メスは少し神経質なイメージです。

あきしゃん
あきしゃん

メスは子供を産み、育てるためにオスよりも警戒心が強いといわれているよ

 寿命はどのくらい?

こちらを見つめるハムスター

ともあきさんによる写真ACからの写真

ハムスターは小さな動物ですので、寿命は短めです。

ジャンガリアンハムスターの寿命は2年くらいで、稀に3年を超えて生きるコもいますよ。

カラーバリエーションと値段

ジャンガリアンハムスターを選ぶ時気になるのが、カラーバリエーションや値段ですよね。
セネきち
セネきち

ペットショップで売られているジャンガリアンハムスターのカラーバリエーションは4種類です。それぞれだいたいの値段も紹介させていただきますね

価格はジャンガリアンハムスターの月齢、色の美しさで同じカラーでも変わってきますので、あくまでも目安です。
( )は別の呼び方です。

グレー(ノーマル) 

ハウスに登るジャンガリアンハムスター

rabitailさんによる写真ACからの写真

価格600円~900円
背中に黒い線が一本あり、お腹以外がグレーなので微妙に模様が一匹一匹違います。

 ブルーサファイア(ブルー)

こちらを見るジャンガリアン

Satoshi Hyodoさんによる写真ACからの写真

価格800円~1000円
グレーを薄くした感じで、優しい印象のカラーです。
とても人気があります。ジャンガリアンハムスターのブルーサファイアには、稀にですが、木のチップにアレルギーがあるコがいます。
詳しくはこちらをどうぞ。

パールホワイト (ピュアホワイト) 

ジャンガリアンハムスター

rabitailさんによる写真ACからの写真

価格900円~1200円
黒い毛が所々に混じった白い体をしており、背中に黒い線が一本あります。
かなり黒っぽいコもいれば白が多いコもいます。
限りなく真っ白に近いパールホワイトは値段が高いです。

プティング(イエロー)

餌を食べるハムスター

ringo_monakaさんによる写真ACからの写真

価格1500円~2500円
黄色みが強いハムスターで、人気のカラーです。
太りやすい性質をもっているので、餌など気をつけてあげましょう。

はじめてさん
はじめてさん

カラーについてはなんとなく分かったけど、どれを選んだらいいのかな??

それぞれ微妙に差はあるものの、普通に1匹で飼育するぶんには、どのカラーを選んでも変わりありません。
好きなコを選んで大丈夫ですよ!

セネきち
セネきち

なお、カラーについてはこちら↓の記事でも説明させていただいております

ジャンガリアンハムスターの飼育について

ロフトハウスの上のハムスター

ふわもこさんによる写真ACからの写真

セネきち
セネきち

では、ジャンガリアンハムスターがどんな生き物なのか、なんとなく分かってきたところで、次は気になる飼育についても簡単に説明させていただきますね。

ジャンガリアンハムスターの性格は?

手のひらの上のジャムスター

もちゃさんによる写真ACからの写真

まず、ジャンガリアンハムスターの性格や気質ですが、小さな生き物なので、基本的には大人しくて臆病です。
力いっぱい噛むこともほとんどありません。

セネきち
セネきち

飼い主さんが愛情をもって、丁寧に扱ってあげれば、手の上でくつろいだり、名前に反応して寄ってきたりと、かなり慣れてくれるコもいます。

ただし、お迎えして最初の1週間が肝心!なので、子供さんが中心でお世話する場合は、絶対に無理やり触ったりケージを揺らさないよう、教えてあげましょう。一度怖がらせてしまうと、しばらくは脅えてしまいます。

ジャンガリアンハムスターの飼育はむずかしい?

気になるジャンガリアンハムスターの飼育ですが毎日のお世話はいたって単純、毎日餌と水を交換して、週に1~2回、ケージのサイズに応じて床材の交換をしてあげるだけです。

天気が良い日はケージを丸洗いしてよく乾かしてあげれば、より清潔に飼育することができます。

セネきち
セネきち

子供さん(小学校高学年くらいからが安心です)が世話をするならば、大人がしっかり最初に教えてあげれば、毎日のお世話をすることも可能です。

ただし、ジャンガリアンハムスターの健康管理は子供さんにはやや難しいです。

小さな生き物は病気を隠すのがうまいので、体調が悪いことを極限まで隠します。
毎日優しく手のひらなどにのせてあげて、おかしいところはないか、きちんと見てあげる必要があるのです。

子供が買ったんだから、と放っておかないで、大人も飼育に関わるようにしましょう。

ジャンガリアンハムスターの飼育で注意することは?

ハムスターの背中

ringo_monakaさんによる写真ACからの写真

ジャンガリアンハムスターは先ほどお話させていただいたとおり、お世話は難しくありません。

しかし、これだけ人気で飼育方法もよく知られているように見えるジャンガリアンハムスターですが、同じくらい間違った飼育方法も広まっています。
飼育の前にはできるだけ新しい飼育書を読んだり、調べたりしてからお迎えしましょう。

セネきち
セネきち

その他、飼育で気を付けるのはこのような点があります。

・必ず単独で飼育すること。

・夏の暑さ、冬の寒さから守ること。
夏はエアコンで空調管理、冬はハムスター用ヒーターを入れてあげると安心です。

・餌を与えすぎないこと。
肥満は万病の元!です。

セネきち
セネきち

細かく言えばキリがありませんが、要するにハムスターの幸せを考えて飼育しましょう!ということですね!

まとめ

手のひらの上のジャムスター

もちゃさんによる写真ACからの写真

今回ジャンガリアンハムスターについて簡単にまとめてみましたがいかがでしたか?

ジャンガリアンハムスターはちょうどいいサイズで大人しい、とてもかわいいペットですね。

でも、飼いたい!と思ったら、すぐ買うのではなく、まずジャンガリアンハムスターについて少しでも調べて、飼育環境を整えてあげてからお迎えするようにしましょう。

セネきち
セネきち

今ここを読んでくださっている方はきっとそのつもりですよね♪

それでは、素敵なハムスターライフを~!

コメント