オスとメスで飼いやすいのはどちらですか?【よくある質問】

みなさんこんにちは!セネきちです。

セネきち
セネきち

今回は性別に関する、よくある質問にお答えしようと思います。

今ペットを飼っている方は一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

はじめてさん
はじめてさん

「オスとメスではどちらが飼いやすいんだろう?」

鳥でも小動物でも、オスとメスが並んでいれば迷うし、ましてや同じ見た目なのに値段が倍以上違うこともあれば、余計に迷いますよね。

店員さんに聞くと、どちらも変わらないですよ~と言われることや、どちらかの性別をすすめられたり・・・中には売ってしまいたいコの性別に合わせておススメされることもあります。

オスとメス

もぐら綿棒さんによる写真ACからの写真

まず結論から言えば、ですが・・・

セネきち
セネきち

迷ったらオスがおススメです。

なちゅ
なちゅ

おおー!なんでオスがいいの??

もちろん生き物ですから個体差があり、本来はどちらがいいとは決められません
→これが一番大事!

個人的な経験上、どちらかあえて選ぶなら、といった感じでしょうか。

ペットショップでもオスを薦める場合が多いように思います。

同じ生き物といえど、オスとメスでは性質、かかりやすい病気、外見、違うところが色々あるのです。

ではまずオスとメスで何が違うのかみていきましょう。

スポンサーリンク

小動物

 

こちらを見るハムスター

ham2.netさんによる写真ACからの写真

小動物は外見や鳴き声で雌雄の区別がつくものはほとんどいません。

見分け方は生き物をひっくり返して総排泄口と生殖器の位置、または形で見分けることになります。

オスとメスの違いはこのような感じです。

オス

性格

おおらかでメスよりも慣れやすいといわれています。
自然界ではオスはメスにアピールするものなので、性格もオープンな傾向にあります。

外見

発情する、もしくは大人になると睾丸が目立つようになります。
一部のハムスターでは引きずって歩いているのではないかと思うくらい大きくなるものもいます。

臭い

発情すると臭いが普段よりきつくなります。
また、おしっこ飛ばしをするのが多いのはオスです。

病気

オス特有の病気はありますが、通常の病気とリスクは変わりません。
おかしいところがないかは毎日チェックしてあげましょう。

メス

性格

オスに比べ神経質なコが多いです。
自然界ではメスは“待つ”ことが多くアピールすることもないため性格がドライな場合が多いです。

外見

発情しても見た目はほとんど変わりません。
妊娠すると乳首が目立ってきたりお腹が大きくなったりします。

臭い

発情すると独特の臭いがするものがいます。
獣臭い臭い、ではなく・・・人によってはかなり気になる独特の臭いです。

病気

妊娠経験のないままのメスは子宮の病気にかかる可能性が高くなります。
かといって定期的に妊娠、出産させるのはNGです。出産にもリスクはありますので、無理に妊娠させるのは避けましょう。

餌を食べるネザーランドドワーフ

ラテすけさんによる写真ACからの写真

 

オスとメスの違いはこのような感じです。外見が気にならなければ、オスを選ぶ方が多いのが実情です。

次は鳥の場合はどうなのか見てみましょう。

鳥は外見や鳴き声で性別の判断をします。

骨盤の開き方でも一応わかるのですが、鳥を裏返しにして指で触っての判断になるので、かなりの数を触りなれているプロでないとまず分かりません。

ヒナのうちは外見が皆ほぼ一緒で、見分けることができる種類でも判別が難しいです。

手乗りにしたい場合はオス、メスを指定して購入するのは難しいです。

オス

オスのオカメインコ

Quick Start Projectsさんによる写真ACからの写真

性格

小動物と同じく、性格がおおらかで慣れやすいコが多いと言われています。
鳥も自然界ではメスにアピールする存在なので、飼い主に対してもアピール上手です。

外見

鳥はオスメスで色や尾の長さが違うものがいます。
オスのほうが派手な傾向にあります。

鳴き声

オスはよくさえずり、おしゃべりがうまいのも圧倒的にオスです。
ただし、よくさえずったりおしゃべりするコはうるさく感じる方も多いようです。

病気

発情させすぎたことによる精巣腫瘍などオス特有の病気はありますが、他の病気とリスクは変わりません。お尻を頻繁にこすりつけたりする場合は発情を抑制してやる必要があります。

 

メス

セキセイインコ メス

まんだむさんによる写真ACからの写真

性格

こちらも小動物と同じく、ややドライな傾向があります。

外見

オスとメスで色や尾の長さが違うものがいますが、その場合メスのほうが地味な見た目になります。

鳴き声

メスはさえずりはほぼせず、おしゃべりもあまりしないコが多いです。
静かに飼いたい方にはメスをおススメします。

病気

メスは発情すると一羽でも無精卵を産んでしまいます。
そのため産卵に関する栄養の不足や、卵詰まりに気をつける必要があります。
卵詰まりは早めに気づいて病院に行かないと命にかかわることもあります。

メスを避ける人はこういった、卵で悩んだ経験のある方が多いです。

繁殖させないならば、発情させないような工夫をしましょう。

こちらも見てなんとなくお分かりかと思いますが、初めて飼う方はほぼオスを選ぶ傾向にあります。

ヒナのうちに分かる個体は少ないので、オスを希望する方が多い、というだけですが・・・

ちなみに手乗りにするインコ、オウムなら小型になるほど上記にあるような特徴が出やすいです

大型のインコ、オウムをお迎えする予定の方はオスメスはあまり気にしなくても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?なんとなく、オスメスでの違いがみえてきたかと思います。

慣れやすさ、病気の面、鳥なら見た目とさえずりなどを総合的に判断して、オスを選ぶ人が多いように思います。

何度も言いますが、これはあくまでも傾向です。

雌雄の性質がセオリー通りでないコもいます。

おしゃべり上手なメスのインコ、おしっこ飛ばしをするメスのウサギ、など・・

セネきち
セネきち

どんなコであってもかわいがってあげることが大事ですね。

あまりオスメスにこだわらずに飼育を楽しんでくださいね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント