【エキゾチックアニマル】飼う前に知っておいてほしいアレルギーの話

こんにちは、セネきちです。

前回は、飼い主さん自身に起こるアレルギーについて、アレルゲンの話や対処法を紹介させていただきました。

セネきち
セネきち

今回はアレルギーあれこれ、稀な例ではあるけどもちょっと知っておいてほしい、そんなお話を集めましたよ。

スポンサーリンク

飼い主さんだけじゃない、ペットにも出るアレルギー?

ペットを飼い始めたら、くしゃみ、鼻水、湿疹など、アレルギーが出てしまった。
そんな話は時々聞きますが、実は飼い主さんではなくペットのほうにアレルギーが出る場合もあります。

人に比べればずっと数は少なく、そのほとんどが犬や猫の症例ですが、セネきちはハムスターで見たことがあるのでお話させていただきます。

こちらを見るジャンガリアン

ham2.netさんによる写真ACからの写真

 

過去に、年間数百のハムスターを扱っていたのですが、その中でアレルギーのあるハムスターがたまにいました。

なぜか決まってジャンガリアンハムスターのブルーサファイアで、割合で言えば入荷した全ハムスターの1%くらいの数だったと思います。

セネきち
セネきち

どの文献やネットを見てもブルーサファイアはアレルギーが多いとは載っていませんでしたが、自分の経験から、ジャンガリアンハムスターのブルーサファイアはアレルギーをもっていることがあるのだと思っています。

症状としては、徐々に毛が薄くなっていくというもので、木のチップで出るのがほとんどでした。
他の症状は見られず、牧草や紙に変えてやればすぐに改善しました。

アレルギーはペットショップに入荷直後には出始めていたので、販売される頃にはそのコだけ別ケージに入れ、訳アリのハムスターとして販売していました。

早い段階で発症するのがほとんどのようなので、あまりにも入荷したての小さなベビーでもない限りは通常のアレルギーの無いコを選ぶことができるかと思います。

セネきち
セネきち

滅多にないことではありますが、もしハムスターに症状が出ても、慌てずに対処してあげましょう。

本当にあったアレルギーの話

ペットを飼育している人は世界中にたくさんいます。

でも、命に関わるほどのペットに関するアレルギーを持った人がいる!という話は見の周りで聞く方は少ないのではないでしょうか。

結局アレルギーって滅多に起こらないんでしょ、大丈夫だから、ペットをお迎えしたい!と思うかたもおられると思います。

実際、セネきちもくしゃみ、鼻水くらいは聞くことがあるものの、ペット関連の重度のアレルギーほとんど聞いたことがありません。

しかしこれからお話するのはセネきちが実際に相談を受けた例です。

セネきち
セネきち

こういうこともあるのだと、ぜひ頭の隅にいれておいてください。

もしかしたら、あなたが何気なくペットをお迎えしてしまった後で起こることかもしれません。

①ハムスターに重度のアレルギーを持つハムスター愛好家

セネきちがいたペットショップにジャンガリアンハムスターを見に来る女性がいました。
ハムスターが大好きでたくさん飼っている常連さんです。

その日もいつものように購入のためにハムスターを触って選んでいました。
おうちのハムスターたち元気ですかー?なんてお話しながら。

すると、「私、実はハムスターに噛まれると死んじゃうんですよ(笑)」突然女性が言いました。

聞けば以前ジャンガリアンハムスターに噛まれてアナフィラキシーショックを起こしたことがあるのだけれども、どうしてもハムスターが好きで、手放せなかったとのこと。

常に抗アレルギー薬(注射)を持ち歩いており、噛まれないように気をつけているのだと言っていました。
実物も見せてもらいました。おそらく唾液にアレルギーがあるのでしょう・・・

ジャンガリアンハムスターは大人しいとはいえ、絶対噛まないとは言い切れないので、ヒヤヒヤしながらハムスターを選ぶ女性を見ていたのを覚えています。

セネきち
セネきち

薬を持ち歩いてでもハムスターと一緒にいたい・・・そこまでのハムスター好きは初めてでしたね。

特殊な例なので、みなさんはマネされないようお願いします・・・!

②どうしてもフェレットが飼えなかった家族

抱っこされるフェレット

寝太郎さんによる写真ACからの写真

とある日曜日、フェレットを迎えするためにやってきた家族がいました。

聞けば、どうしてもフェレットを飼いたくて、一生懸命勉強し、ケージをはじめとする飼育用品もしっかり勉強してきた上で、ペットショップの店員さんにも教えてもらって、オススメの飼育用品を一緒に購入したい、とのこと。

気に行ったフェレットを選び、飼育用品を全て買い揃えて楽しそうに帰っていきました。

しかし2~3日後。

ペットショップに電話があり、子供にフェレットのアレルギーが出てし、ぜんそくのようになってしまい、別の部屋に移しても症状が治まらず、入院になってしまったとのこと。

悲しいけど、どうしても飼うことができない、なんとか引き取ってはもらえないかという話でした。

セネきち
セネきち

実はアレルギーが出たと言い、引き取りを求める人は、フェレットの場合、わりとある話です。

でもそのほとんどがフェレットの臭いに耐えられなくなったため、もう飼いたくないための言い訳だったりします・・・。詳しく話を伺ってもはぐらかされるので、こちらにはすぐ分かってしまいます。
何より、購入して即日か翌日にはフェレットを連れてきて、生体料金含め、お金も全て返金してほしい、と言われるのです。

しかしこの家族はそんな方々とは違っていました。
10万近くのお金を出して購入したフェレットと飼育用品も全て、お金は要らないのでかわいがってくれる人に差し上げてほしい、そのために、大変申し訳ないがお店にフェレットを返すことはできないかとのこと。

普段は引き取りや返品は断っているのですが、その時は一刻も早く家からフェレットを出さなければならない緊急性を感じたため、すべて引き取りを行いました。
飼育用品も、特別に開封隅の餌やトイレ砂以外は返金しました。

お迎えする時には家族で着ていましたが、その日はお店に来たのはお父さん一人、家族は悲しみに暮れているとのことでした。

お客様が帰った後、残された大量の飼育用品が詰まったケージを見ると、通販で買っておいたと思われるハンモックやおもちゃなどが追加されており、フェレットのために買った飼育本もありました。

どれだけフェレットを待ち望んでいたのかを考えると、本当に胸が痛くなりました。

③ジャンガリアンハムスターで救急搬送

アレルギーといえば、ジャンガリアンハムスターに噛まれて死んだ人がいる、というのはあまりに有名な話ですが都市伝説だと思っている人もいるのではないでしょうか。
あの話はジャンガリアンハムスターの唾液にアレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こしてしまったことが原因ですが、確かに非常に稀な例ではあります。

しかし、実際、セネきちも同じような話を聞いたことがあります。

ジャンガリアンハムスターを購入後、家で家族がアナフィラキシーショックを起こして救急搬送されたので、ちょっと飼育は難しい、と苦渋の判断の上、手放すことになった、という連絡をもらったことも。

稀な例だとしても、実際に起こり得る問題なのです。

セネきち
セネきち

まさか?!と思うことでも、実際自分に絶対に起こらないという保証はありません。

最後にペットを迎えるにあたりアレルギーに関して注意点をお話させていただきますね。

ペットをお迎えする時にちょっとだけ気にしてほしいこと

かわいいペットをお迎えする時、特に呼吸器や皮膚に持病が無ければ、多くの人は気に行ったコがいれば、そのままお迎えします。
一部の人は衝動買いに近く、そして飼い方を勉強してからペットショップに行く人もいますね。

でも、アレルギーの検査までしてから来る人はまずいません。
自分、家族含めてなら、なおさらです。

手のひらでくつろぐハムスター

くろのすけさんによる写真ACからの写真

実際、くしゃみや鼻水くらいはよくありますが、アレルギーで救急搬送されたり、飼えなくなるほどの症状が出ることは稀です。

でも、万が一そうなってしまうと、ペットショップに引き取りをお願いするか、もしくは自分で早急に引き取り先を探さなければなりません。

セネきち
セネきち

そうならないため、お迎え前に少しだけ気にしてみてほしいことがあります。

・自分を含め、同居する家族に呼吸器系の持病はないか?
・もともとアレルギーもちではないか?(木クズ、牧草など)
・お迎え予定のペットを触ってみたことはあるか?
(触ったことがなければ、一度お迎え前にペットショップで触らせてもらうことをおススメします)
・ペットを置く場所の候補は2か所以上あるか?
(万が一の時に、置き場所の候補があれば、一時的に症状の出る人から離すことができるため)

どれか一つでも気になることがあれば、解決してからペットをお迎えするのが安心です。

セネきち
セネきち

後で後悔のすることのないようにしたいですね

まとめ

ハムスター

ham2.netさんによる写真ACからの写真

今回は、嘘みたいな本当の話、エキゾチックアニマルのアレルギーのお話でした。

今回はセネきちの実際に体験した話ですが、もっと色々なパターンはあると思います。

ペットをお迎えしても、ほとんどの方が何事もなく飼育していますが、こんな話もあるんだな、と思っていていただければと思います。

セネきち
セネきち

一度お迎えしてしまうと、手放すのはとても難しいので、最初にちょっと気にして置くことで悲しい事態を避けることができますよ

コメント