ミニウサギって大人になっても小さいままですか?

ウサギが飼いたくてペットショップに行くと、いろんな種類のウサギが並んでいます。

その中で、最も安い値段で売られているウサギ「ミニウサギ」

安いけど、カラーも模様も様々で、かわいい・・・

ミニ、というからにはこのままのサイズなのかな?と思ってしまう方も当然いらっしゃいます。

今回は、そんな「ミニウサギ」についてのお話です。

スポンサーリンク

ミニウサギってどんなウサギ?

ミニウサギとはなんなのか?というと・・・

ミニウサギ、という品種は実は存在しません。

ミニウサギとは、何のウサギの血が混ざっているか分からない、雑種のウサギを意味する言葉なのです。

ベビーで売られている状態では、どんな大人のウサギになるのか、全く分からないのがミニウサギなのです。

・どれくらいのサイズになるのか?

・どんな性格なのか?

・最終的にどんな色のコになるのか?

どれも予想ができません。

どれくらいのサイズに成長する?

ミニウサギは大きくなったサイズが分からないのですが、今までみてきた感じだと、1.5~2kgくらいのコが多いように思います。

もちろんベビーのサイズのまま、ということはありません。

ごくごく稀に1kgに満たないコもいますが、現在のペットウサギ事情からいえば、ほとんどのコが「大きく」なるといえます。

ミニウサギの名前の由来

では、なぜ「大きめのウサギ」なのにミニウサギという名前で売られているのか?

それには一応ちゃんとした理由があります。

昔、小学校でよく飼われていた白くて大きくて目の赤いウサギ、見たことのある方も多いでしょう。

このウサギは日本白色種(ジャパニーズホワイト)と呼ばれ、日本で最も多く飼育される種類でした。主に食用や毛皮用、実験動物用として飼育されており、体も3~7kgくらいある大きめのウサギでした。

誰もが知っている、この日本白色種よりも小さいウサギ、という意味あいで「ミニウサギ」という名前で呼ばれるようになったといわれているのです。

ミニウサギの飼育について

ミニウサギの名前に関しては上記のとおりですが、実際に飼育するにあたって何か注意するべきなのか気になる方は多いでしょう。

世の中、安いものには理由がある、ということも多いので格段に安い値段のウサギを見ると、何かウラがあるんじゃないかと思ってしまうのも無理はありません。

メリット、デメリットを順にみていきましょう。

ミニウサギのメリット

ミニウサギというのは実はメリットがたくさんあるウサギです。

何の血が混ざっているか分からない、雑種ならではのメリットをご紹介いたします。

・体が丈夫!

どのペットでも雑種は体が丈夫ですが、ウサギに関しても同じことがいえます。

・値段が安い!

血統書にこだわりがなく、ただウサギが飼いたい!という場合はおススメです。

安く手に入れる代わりに飼育用品にお金をかけることもできます。

・色、柄が様々!

面白い模様のコ、きれいな配色のコなど、雑種ならではの「オンリーワン」なウサギを探すことができます。

ミニウサギのデメリット

デメリットというほどでもないですが、飼育を始める前に知っておいたほうがよいことがあります。

・大人になるまでサイズが分からない。

1kgかもしれないし3kgかもしれない・・・ベビーのうちはサイズが分からないので、飼育用品を揃える時に少し困ります。念のため大きめのケージ、トイレにしておけば安心です。

・小さいうちは性格が分からない。

これはメリットともいえますが、他の品種が固定されたウサギはある程度性格が分かりますが、ミニウサギは全く分かりません。慣れやすいか、臆病ではないか、などはある程度成長してから分かるものなので、最初は慎重にふれあってあげましょう。

出典:http://www.asadachojutrading.jp/

ロップイヤーの血が混ざっていると、片方だけ微妙に垂れた耳になることも・・・?

まとめ

ミニウサギというのは決して小さなウサギではないですが、万が一大きくなった時のために飼育するスペースだけ確保できていれば、丈夫で、べビーからでも比較的飼いやすいウサギです。

いろんなペットショップをまわってお気に入りのコを見つけるのも楽しいですし、血統書つきのコよりも綺麗なカラーのコや、とってもかわいい顔立ちのコに出会えることもあります!

初めての飼育にもおススメのウサギなので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よくある質問 ウサギ
スポンサーリンク
しんじつのふわふわずかん

コメント