ウサギの保険を徹底比較!加入年齢は?掛け金は?

ウサギ

こんにちは、セネきちです!

セネきち
セネきち

今回は、ウサギの「保険」の話をしていきますよ!

犬や猫の保険は知っている方が多いのですが、ウサギ等、エキゾチックアニマルにも使える保険があることは、実はあまり知られていないんです。

人間の病院は基本3割負担ですが、ペットは初診料から治療、通院、投薬、手術に至るまで全て飼い主さんの自己負担。

保険に入っていなければ、1度の治療で万札がかる~くとんでいくのが当たりまえです。

万札
https://www.canva.com

今回は、「ウサギ」が入れる保険について、比較&解説していこうと思いますよ。

あきしゃん
あきしゃん

今飼っている人も、これから飼う人も、ぜひ見ていってちょうだいね!

スポンサーリンク

ウサギの保険の選び方

抱かれるロップイヤー
https://www.canva.com

まず、ウサギの保険の選び方を先に知っておきましょう。

セネきち
セネきち

人間の保険選びよりずっと分かりやすいですよ

今回は、保険会社の重要事項説明書を参考に記事を作成しました!

①加入できる年齢か?

ウサギの保険は、いつでも加入できるわけではありません。

保険会社、そしてプランによって加入可能な年齢が異なります。

ウサギが0歳のうちしか加入できないものもあれば、11才未満までなら加入できるものもあります。

まずは自分の飼育しているコの年齢と、保険のプランの加入年齢が合っているかをよく見て選ぶようにしましょう。

セネきち
セネきち

年齢が上がると掛け金も上がるプランもあるので、よく調べておきたいですね。

②通院入院、手術、どちらに重きをおくか?

ウサギの保険は、通院&入院と手術で補償額が異なります。

最もお金が必要なのはもちろん手術ですが、実際に最もよく行われるのは、通院による治療です。

セネきち
セネきち

小動物は手術も入院も難しいですから、基本的には病院に通って治療を受けるスタイルが一般的です。

個人的には、受ける可能性が低い手術よりも、通院&入院に重きをおいて保険を選ぶのが良いと思っています。

③保険金請求の方法は?

基本的に、どの動物病院でも保険は使うことができます。

ただし、請求方法は保険会社によって3つのパターンに分けられます。

①病院の窓口でカードを見せるだけで保険が適用になるパターン

②窓口では全額で支払い、診断書や明細のコピーを使って請求、診断書料も一緒に補償されるパターン

③窓口では全額で支払い、診断書や明細のコピーを使って請求、診断書料は補償されないパターン

詳しくは後からまた解説しますが、この請求の手間をできるだけ省きたいという場合は、保険加入の前にしっかり確認しておく必要があります。

もし、かかりつけ医が決まっているなら、その病院が対応している保険を選んでおくと便利かもしれません。

④掛け金に無理はないか?

人間の保険もそうですが、ウサギの保険も掛け金が高いほど補償が手厚いです。

ただ、ほとんどの飼い主さんは保険の掛け金もかなり気になるところだと思うのです。

がっつり保険にお金をかけて安心を手に入れるか、掛け金を安く、手軽な補償にする代わりに自分でも貯金したり、こまめに体調チェックをするか・・・ 

自分に合ったプランを選びましょう。

スポンサーリンク

ウサギが加入できる保険

保険の選び方が分かったところで、次に、日本国内でウサギが加入できる保険を簡単に紹介しますね。

ウサギが加入できる保険
  • アニコム損害保険株式会社  
    どうぶつ健保ふぁみりぃ・2種
  • アニコム損害保険株式会社  
    どうぶつ健保はっぴぃ※
  • SBIプリズム少額短期保険株式会社  
    プリズムコール・3種
  • ペットライフジャパン  
    ペットライフ健保・4種
  • アイペット損害保険株式会社  
    うちの子キュート※

2021年現在、ウサギ用の保険は上記の5つの保険が全てとなっています。

※このうち、アニコムの動物健保はっぴぃアイペットのうちの子キュートは、「ウサギを購入した時に、この保険を扱っているペットショップや動物取扱業者によってその場で契約した場合のみに適用されるプラン」なので、今回は除外して説明させていただきますね。

セネきち
セネきち

気になる方は、普通の保険より、加入時の適用条件がお得になることが多いので、ウサギを購入する予定のショップやブリーダーで取り扱いしていないかどうか聞いてみましょう。

・・・というわけで、今回解説するウサギの保険会社は

アニコム損害保険株式会社
どうぶつ健保ふぁみりぃ
SBIプリズム少額短期保険株式会社
プリズムコール
ペットライフジャパン
ペットライフ健保

となります!

犬、猫、小動物、鳥、爬虫類などの保険の資料一括請求サービス

ここからも↑こちらで資料請求したものと、保険会社の重要説明事項を参考にしました。

それでは、今から重要なポイントを比較していこうと思います!

比較ポイント
・加入年齢、更新年齢
・補償開始までの期間
・掛け金
・診療時間外の補償
・支払い方法
・実際の補償シュミレーション

スポンサーリンク

加入年齢、更新可能年齢は?

加入年齢は、既にウサギを飼っている方が最も気にすべき点です。

ほとんどの保険は、健康な若いうちにしか加入することができません。

更新年齢とは、保険を継続できる年齢のことです。
その年齢を超えると、保険契約が終了します。

各保険会社のウサギが加入できる年齢はこのような感じになっています。

アニコム○

3歳11か月以下
更新は一生涯可能

プリズムコール◎

生後30日以上11歳未満
更新は11才未満まで可能

ペットライフ健保△

生後4か月以上4歳11か月以下
更新は一生涯可能

更新に関しては、プリズムコールのみ11歳未満まで、となっていますが、ウサギの寿命を考えると、これ以上の年齢で度重なる治療や手術をすることはなかなか無いため、特に契約者に不利な条件ではないといえます。

肝心の加入年齢ですが、アニコムペットライフ健保は注意が必要です。

セネきち
セネきち

4歳頃というのは、ちょうどウサギの高齢期突入の時期です。

保険は、体調を崩すことが多くなってくる高齢期前に加入しておかないといけないことが分かりますね。

更にペットライフ健保は、高齢期と同じく体調を崩しやすい子ウサギの時期にも加入ができない、というのもウサギ飼いさんには不安なポイントです。

比較結果
最も加入のハードルが低いのは、生後30日~11歳未満まで加入可能な、
プリズムコールである。

スポンサーリンク

補償開始までの期間

補償開始までの期間とは、保険加入してから、補償が開始されるまでの待機期間のことです。

保険というのは、現状健康なウサギが加入できるものです。

病気になってから保険加入する、ということを防ぐために、保険会社では「待機期間」を設けるのが普通で、この待機期間や、それ以前にかかっていて治療中の病気は補償の対象外となります。

アニコム○

病気のみ、書類が保険会社に到着してから30日後までの待機期間有り。

ケガに関しては待機期間は無いが、カードが届くまでは窓口清算ができない。

プリズムコール○

書類が保険会社に到着してから16日後の午前0時まで。

※ガンの場合は新規契約時のみ45日に待機期間が必要。

ペットライフ健保△

保険会社で書類が審査され、加入承認された後、翌月の27日に入会金1,000円とあわせて初回掛け金の口座振替が確認されるまで。
(最低37日間)

待機期間はペットライフ健保が最も長いようです。
次いでアニコム、そしてプリズムコールが最も短い期間となっています。

セネきち
セネきち

プリズムコールはガンのみ待機期間が45日間あるので注意しましょう!

比較結果
待機期間が最も短いのは
プリズムコールである。
ただしケガに対する待機期間がアニコムのみ、無しになっている

スポンサーリンク

掛け金

これは最も気になるポイントですよね。

補償を得るために必要な月額料金をみていきましょう。

料金はプランによって異なるのでグラフにしてみました。
※スマホだと見にくいです。

アニコム△

アニコムふぁみりぃ50%
アニコムふあみりぃ70%

プリズムコール○

オレンジプランⅡ
グリーンプランⅡ
ホワイトプラン

ペットライフ健保○

スタンダードプラン
スペシャルプラン
サポート55%プラン
プレミアム70%プラン

0歳2,4603,2703,6704,2301,9101,9003,3001,4002,400
1歳2,5003,3403,6704,230 1,910 1,9003,300 1,5002,550
2歳2,7303,6603,6704,2301,9101,9003,3001,6002,700
3歳3,0104,0503,6704,2301,9101,9003,3001,7002,850
4歳3,0604,1503,6704,2301,9101,9003,3001,8003,000
5歳3,3604,5803,6704,2301,9101,9003,3001,9003,200
6歳3,6905,0403,6704,2301,9101,9003,3002,0003,400
7歳4,0405,5303,6704,2301,9101,9003,3002,1003,600
8歳4,4306,0703,6704,2301,9101,9003,3002,2003,800
9歳4,8406,6503,6704,2301,9101,9003,3002,3004,000
10歳5,1306,9903,6704,2301,9101,9003,3002,4004,200
11歳※2※2※1※11,9101,9003,300※3※3

※1 プリズムコールは11歳未満で契約が終了しますが、どのプランも定額です。

※2 アニコムは更新が終身可能ですが、金額は保険会社へ問い合わせが必要です。

※3 ペットライフ健保は全て更新が終身可能、金額は①②はずっと定額、は年100円ずつアップ、は年200円ずつアップしていきます。

セネきち
セネきち

保険料金のみを見ると、途中で別の保険に変えたらどうか…なんて思いがちですが、最初に説明した加入年齢の制限がありますし、病気が出てしまってからでは保険に入れなくなることが多いので、ハイリスクです。

比較結果

プリズムコールは価格が一定なので、最初は割高だけど、高齢期に突入すると、他の保険に比べてお得になっていく。

総合的に見て掛け金が最も安いのはペットライフ健保

逆に高いのはアニコムで、毎年の価格の上がり方も大きい。

スポンサーリンク

時間外診療の補償

保険で結構重要なのが、時間外診療。

動物病院の休診日や深夜等は通常より遥かに金額が上がります。

セネきち
セネきち

それでもウサギは急に体調を崩すこともあるため、時間外診療を受ける方も多いんですよ。

ウサギは人間と違って、「朝まで我慢できそう?」なんて聞けませんよね。

時間外診療が適用されれば、とても助かるわけです。

各保険会社の時間外診療はこのような対応になっています。

アニコム×

時間外診療は適用外

プリズムコール◎

時間外診療も適用

ペットライフ健保×

時間外診療は適用外

これは見ただけで分かりますね。

プリズムコールのみ、診療時間外の診察も適用されます。
それ以外に往診も可能です。

※ちなみにアニコムは、ペットショップでウサギを購入した時の同時契約のみで加入ができる、どうぶつ健保はっぴぃプランは最初の1か月のみ、時間外診療も適用になります。

比較結果
時間外診療費も適用になるのは、プリズムコールのみ。

スポンサーリンク

保険金請求の方法

保険の請求方法は、楽なほうがいいですよね。

自分で後日請求する場合は、窓口ではいったん自分で全額支払わなくてはなりません。

そして、通常は通院なら明細、手術なら医師の診断書が必要です。

この診断書にも別途お金がかかるのですが、保険会社によって、このお金も補償してくれるところと、そうでないところがあります。

アニコム◎

アニコム対応の動物病院なら、窓口で会員カードを提示するとその場で清算できる。

対応でない場合は、自分で請求。
診断書費用は補償外。

プリズムコール〇

病院ではいったん全額支払ってから自分で請求。

診断書費用は年10,000まで補償される。

ペットライフ健保△

病院ではいったん全額支払ってから自分で請求。

診断書費用は補償外。

アニコム対応の病院の検索👉https://cs.anicom-sompo.co.jp/hospital/

比べてみると、アニコムが最も楽なことが分かります。

かかりつけがアニコムに対応しているなら、会員カード提示で窓口で全て終了できます。

プリズムコールペットライフジャパンは残念ながら、自分で手続きしなくてはなりません。

手続き自体は難しくありませんが、明細を郵送したり、手術の場合は診断書も必要なので、面倒くさがりの方には向かないでしょう。

セネきち
セネきち

ペットライフ健保は診断書費用も出ないので、手術した時に余計にお金がかかってしまうのが痛いですね。

比較結果

保険金請求が最も楽なのは、アニコム
ただし、もしかかりつけがアニコム非対応なら、診断書料も補償されるプリズムコールが安心。

保険を選ぶにあたって重要なポイントはこんなかんじでしょうか。

次は、もうちょっと具体的に見てみたいという方向けに、実際に病院にかかった時にどれくらい補償を受けられるのかを解説しますね。

なちゅ
なちゅ

掛け金の条件無しで補償額のみを出しているので、あくまでも参考までにどうぞ!

スポンサーリンク

補償比較

プランを見比べてもよく分からない方向けに、実際の治療の補償額で比較してみますね。

保険は入院通院に手厚い保険と、手術に手厚い保険があるので、2パターンみていきます。

入院、手術メインの場合の補償比較

(例)うっ滞で時間外受診、手術、5日間入院をした

かかった費用
再診料 1,500円×5日
時間外費用 5,000円
検査費用 10,000円
入院費用 1泊3,000円×5日 15,000円
手術費用 100,000円
その他の処置 10,000×5日 50,000円
計182,500円

つらい

※細かい計算式は長くなるので省きます。
※動物病院の料金は、病院側で自由に設定ができるため、これより安い場合もありますし、高い場合もあります。

①アニコム 
どうぶつ健保ふぁみりぃ50%プラン

時間外診療は対象外、入院、通院は1日10,000円まで、手術は100,000円までの補償。

自己負担額は43,500円

②アニコム 
どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン

時間外診療は対象外、入院、通院は1日14,000円まで、手術は140,000円までの補償。

自己負担額は27,900円

③プリズムコール 
オレンジプランⅡ 

時間外診療も対象、入院が1日8,000円まで、通院4,000円まで、手術60,000円までの補償。

自己負担額は78,500円

④プリズムコール
グリーンプランⅡ

時間外診療も対象、入院が1日10,000円まで、通院5,000円まで、手術90,000円までの補償。

自己負担額は47,500円

⑤プリズムコール
ホワイトプランⅡ

時間外診療も対象だが、このプランのみ、通院は補償対象外。
入院が1日10,000円まで、手術は150,000円までの補償。

自己負担額は67,500円

⑥ペットライフ健保
スタンダードプラン

時間外費用は対象外、通院は1日2,000円、入院は1泊5,000まで、手術は30,000までの定額補償。

自己負担額は125,500円

⑦ペットライフ健保
スペシャルプラン

時間外費用は対象外、通院は1日3,000円まで、入院は1泊7,500まで、手術は45,000までの定額補償。

自己負担額は97,000円

⑧ペットライフ健保
サポート55%プラン

時間外費用は対象外、それ以外の補償対象の診察の55%が、通院入院は10,000円、手術は100,000円まで補償。

自己負担額は85,600円

⑨ペットライフ健保
プレミアム70%プラン

時間外費用は対象外、それ以外の補償対象の診察の70%が、通院入院は10,000円、手術は100,000円まで補償。

自己負担額は62,500円

通院メインの場合の補償比較

続いては、通院メインでの比較をしていきたいと思います。

実際のところ、ウサギは手術や入院よりも通院が多くなる動物です。
先ほどのランキングとは結果が変わってくるので、注意しましょう。

治療モデルはこちら。

(例)うっ滞で時間外受診、その後2日間通院した

かかった費用
再診料 1,500円×3日
時間外費用 5,000円
検査、処置費、投薬費用 10,000円×3日

計39,500円

つらい
①アニコム
どうぶつ健保ふぁみりぃ50%プラン

時間外診療は対象外、入院、通院の50%が補償、限度額が1日10,000円までなので・・・

自己負担額は22,250円

②アニコム
どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン

時間外診療は対象外、入院、通院の70%が補償、1日14,000円までなので・・・

自己負担額は15,350円

③プリズムコール
オレンジプランⅡ 

時間外診療も対象ではあるが、通院は4,000円までの補償なので・・・

自己負担額は27,500円

④プリズムコール
グリーンプランⅡ

時間外診療も対象、通院5,000円までの補償なので・・・

自己負担額は24,500円

⑤プリズムコール
ホワイトプランⅡ

時間外診療も対象だが、このプランのみ、通院は補償対象外。

自己負担額は39,500円

⑥ペットライフ健保
スタンダードプラン

時間外費用は対象外、通院は1日2,000円までの定額補償なので・・・

自己負担額は33,500円

⑦ペットライフ健保
スペシャルプラン

時間外費用は対象外、通院は1日3,000円までの定額補償なので・・・

自己負担額は30,500円

⑧ペットライフ健保
サポート55%プラン

時間外費用は対象外、それ以外の補償対象の診察の55%が補償されるので・・・

自己負担額は20,525円

⑨ペットライフ健保
プレミアム70%プラン

時間外費用は対象外、それ以外の補償対象の診察の70%が補償されるので・・・

自己負担額は15,350円

比較は以上です。

それぞれ結果をランキングにしてみました。

比較結果
入院、手術での補償額が大きい(自己負担額が少ない)順に並べると・・・


1位 アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン  27,900円

2位 アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ50%プラン 43,500円

3位 プリズムコール グリーンプランⅡ 47,500円

4位 ペットライフ健保 プレミアム70%プラン 62,500円

5位 プリズムコール ホワイトプランⅡ 67,500円

6位 プリズムコール オレンジプランⅡプラン  78,500円

7 ペットライフ健保 サポート55%プラン  85,600円

8位 ペットライフ健保 スペシャルプラン  97,000円 

9位 ペットライフ健保 スタンダードプラン  125,500円

※あくまでも目安ですが、今回のケースだとアニコムが優勢。

比較結果
通院の補償額が大きい(自己負担額が少ない)順に並べると・・・


1位 アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン  15,350円

1位 ペットライフ健保 プレミアム70%プラン 15,350円

3位 ペットライフ健保 サポート55%プラン  20,525円

4位 アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ50%プラン 22,250円

5位 プリズムコール グリーンプランⅡ  24,500円

6位 プリズムコール オレンジプランⅡプラン  27,500円

7位 ペットライフ健保 スペシャルプラン  30,500円

8位 ペットライフ健保 スタンダードプラン  33,500円

9位 プリズムコール ホワイトプランⅡ 39,500円

※あくまでも目安ですが、こちらはアニコムとペットライフ健保の一番高いプランが優勢。

2つの結果の順位ら総合ランキング(上位4位まで)を出すと・・・

1位  アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ70%プラン

2位  アニコム どうぶつ健保ふぁみりぃ50%プラン

2位  ペットライフ健保 プレミアム70%プラン

4位  プリズムコール グリーンプランⅡ  

セネきち
セネきち

補償が手厚いのはとりあえずアニコムがダントツだということが分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回はウサギの保険のうち、飼い主さんが自分で加入手続きできる3つの会社の保険を比較をしてきたわけですが。

まとめるとこんな感じですね。

アニコム

メリット
・補償がとにかく手厚い。
・アニコム対応病院なら窓口清算OK

デメリット
・掛け金が高い。
・年々上がっていく上昇率も高い。

こんな飼い主さんにおすすめ!
・かかりつけがアニコム。
・とにかく手厚い補償を望む。

プリズムコール

メリット
・掛け金が一定で、変わらない。
・加入年齢や補償内容の自由度が高い。

デメリット
・最も使うであろう、通院の補償が少ない。
・保険の請求を自分で行わなくてはならない。
・ウサギが11歳以上になったら使えない。

こんな飼い主さんにおすすめ!
・ウサギが高齢だけど保険に加入したい。
・掛け金の上昇を気にせず加入したい。

ペットライフ健保

メリット
・プランが4つあり、自分の希望に合わせて選べる。
・どのプランも掛け金が安い。

デメリット
・最も病院にかかる可能性の高い、生後4か月未満と高齢期には新規での加入ができない。
・保険金の請求が最も面倒で、しかも診断書にお金がかかる。

こんな飼い主さんにおすすめ!
・自分で貯金もしつつ、お守り代わりに加入しておきたい。
・お手頃な掛け金で、ウサギが死ぬまで加入しておきたい。

もし、自分でも更に色々比べたい、という方は、資料請求をしてみてください。
加入の書類も一緒についてくるので、比較した後に加入手続きもできます。

犬、猫、小動物、鳥、爬虫類などの保険の資料一括請求サービス

アニコムプリズムコールはこちらから↑
自分の飼っているペットを選択すると、資料一覧が出てきますよ。

ペット保険 資料請求

ペットライフジャパンはなぜか上記の一括請求のサイトで取り扱いに入っていなかったので、気になる方はこちらからどうぞ↓
👉ペットライフジャパン資料請求

私も資料を請求してにらめっこしましたが、実際はここで比較していないポイントがまだまだありますよ。

セネきち
セネきち

もしウサギをまだ飼っていない方でも、先に保険についてしらべてみることをおすすめします!

  • うさぎの万が一に備えたい
  • まずは自分で比較して決めたい
飼っていない人でも資料請求できるよ

ウサギの保険はこちらでもお話していますよ。
よろしければどうぞ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました