呼び鳴きはどうやったら治りますか?

飼っている鳥が飼い主の姿が見えなくなると大きな声を出して呼ぶ、近くにいたらいたでケージを開けて遊んで欲しいと鳴く・・・

かわいいけれど、毎日毎日のことで悩んでいる・・・

そんなあなたのために呼び鳴きの治し方についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

なぜ呼び鳴きするのか?

呼び鳴きとは手乗りの鳥が飼い主を呼ぶために行う行動です。

呼び鳴きの癖がついてしまうのは、鳥自身が自分の鳴き声で飼い主が来てくれたという経験を何度か繰り返し

「自分が鳴けば飼い主が来る」と覚えたためなのです。

呼び鳴きの癖がつくまでのプロセス

呼び鳴きの癖がつくまでにはこのようなプロセスがあります。

鳥は賢いので、飼い主が正しく対処しなければ、早くて数日で立派な呼び鳴き鳥となります。

 

①鳥が飼い主に来てほしくて鳴く

②あら、どうしたの?と飼い主が鳥の元へ行く

自分が鳴けば飼い主が来るということを徐々に覚え始める

④飼い主が来るまで鳴き続ける、声が大きくなる。

⑤最初は無視していたがうるさいので根負けして鳥の元へ行く

⑥何度も鳴き続け、大きな声を出せば飼い主が来てくれると覚える

⑦呼び鳴きの癖がつく!

困った顔

最初は鳥が呼んでいるから行ってあげよう、とか放っておくとずっと鳴くから行かなきゃ、という飼い主の鳥を思う気持ちが呼び鳴きのスタートとなります。

ではどうやった治せるのか?次は治し方をお話させていただきます。

呼び鳴きの治し方とは?

治し方はただひとつで、「無視」することです。

呼んで鳴いているのが聞こえても決してケージに近づかず、無視するか別の部屋に行きます。

そうすると鳥は「自分が鳴いても意味がない?」と徐々に理解するようになります。

とても単純なことのように思えますが、実はなかなか難しい面があります。

呼び鳴きに対してやってはいけないこと

呼び鳴きを治そうと思ったら根気が要ります。

一度挫折すれば呼び鳴きがより一層ひどくなってしまいます。

声をかけてやめさせる

呼び鳴きに対して、「やめようね」「静かに!」など声をかける行為はNGです。

鳥からすれば、飼い主がかまってくれたことと同じことになるので、呼び鳴きには効果がありません。

怒る、ケージをたたく

これは呼び鳴きの度にやればおそらくそのうちやらなくなるでしょう。

しかしそれは飼い主への恐怖と警戒からおびえてやらなくなるだけなので、絶対にやってはなりません。

家族に気の短い人間がいるとついやってしまいがちですが効果はありません。

根負けして行ってしまう

これが実は最も呼び鳴きを増長させる原因となります。

一度呼び鳴きをやめさせようと決心したものの、鳴き続けてどんどん大きくなる声に、近所迷惑ではないか、とか鳴き続けてかわいそうだ、と思いケージのもとへ行ってしまう・・・

そうすると鳥が覚えるのは、「飼い主が来なかったのは声が小さかったからかな?これくらいの大音量で鳴き続ければ飼い主が来るんだ!」ということです。

しかもこちらが呼び鳴きをやめさせるために無視すると、一時的に呼び鳴きは激しくなります。

飼い主になんとかかまってもらおうと声を大きくしたり、ケージをガンガンやることもあります。それが大型インコやオウムならかなり騒がしくなっています。

しかしここで折れてしまってはまた元通り、どころか酷くなります。

一度決めたら完全に静かになるまで決して構いに行ったり声をかけにいったりしないようにしましょう。

一番良いのは癖をつけないこと

これはまだ鳥をお迎えしていない人に限りますが、一番良いのは呼び鳴きをスタートさせないということです。

呼ばれたかな?と思っても行かないこと。

ケージにはりついてこちらを見て鳴いていれば呼び鳴きしています。

餌も水もあるのならば、反応しないようにしましょう。そうすれば癖はつきません。

まとめ

呼び鳴きというのは無視するとかわいそうだ、という気持ちから生まれます。

しかし丸一日、鳥が死ぬまで、好きなだけ相手ができるのでなければ、触れ合いの時間は飼い主側で決めるのが正しい距離の取り方です。

呼ばれて行く癖をつければ、呼んでも来てくれない状況ができた時に、それは鳥にとって大きなストレスとさみしさを抱かせることになってしまうのです。

逆に一度呼び鳴きを治してしまえば、賢い鳥は「静かにしていたほうが飼い主がかまってくれるんだ!」と理解するようになり、無駄に騒ぐこともなくなります。

鳥のため、飼い主のため、今呼び鳴きで困っている方、ぜひ頑張ってみてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よくある質問
スポンサーリンク
しんじつのふわふわずかん

コメント