ウサギって鳴かないの??

みなさんはウサギの鳴き声って聞いたことありますか?

いつも上品に小さなお口をもぐもぐさせているウサギ、鳴いたところを見たことのある方は少ないのではないでしょうか?

こちらを見つめるウサギ

でも実はウサギにも「鳴き声」があるんですよ。

今回は普段物静かなウサギの声についてお話させていてだきます!

スポンサーリンク

2種類のウサギの鳴き声

ウサギというのは、普段は鳴くことはありません。

でも一応2種類の「声」を発することがあるのです。

順に説明させていただきます!

機嫌の良い時の声

まずはこちら、機嫌の良い時。これはウサギを飼育していて、かつとても信頼関係ができあがっている飼い主さんしか聞くことができない声です。

鳴き声といってよいものか微妙ですが、「プゥプゥ」とか「ブゥブゥ」といった声を出します。この声、離れていては聞こえません。

膝にのせていたり、グルーミングしていたり、ウサギとかなり近い距離にいる時にしか聞こえません。

もしあなたがこの声を聞けたとしたら、ウサギに好かれているということです!

プゥプゥ、ブゥブゥと小さく鼻を鳴らすような声はリラックスしていて、気持ちの良い時に出す声なのです。

リラックスしているウサギ

命の危険を感じた時の声

先ほどのリラックスしている時とは正反対、機嫌が悪いを通りこして、命の危険を感じ、最大限に抵抗する時にもウサギは鳴きます。

この声を聞いたことがある方は少ないと思います。

逆にウサギを飼育していてこの声を聞くような状況になってはいけません。

声としては「キィー-!!」とか「キャワワワワッ!!キャワワワッ!!」という声で、かなりの大きさで鳴きます。声はとても高く、金切り声で、自分が安全な状態になるまで口をめいっぱい開けて鳴き続けます。

命の危険を感じる時とは?

命の危険を感じた時に金切声で鳴く、といいましたが、いったいどのような状況が命の危機を感じる時なのでしょうか?

野生では捕獲された時ですが、飼育下では、「体を急に掴まれた時」になります。

そしてこの鳴き声を発するのは圧倒的に子ウサギが多いです。

大人のウサギになれば、無理やり捕まえようとすれば鳴くよりも先に抵抗して脱出しますが、子ウサギは逃げることができません。なので金切声で鳴き喚いて抵抗するのです。

たまに、という程度ですが、セネきちも、ペットショップに入荷したばかりの子ウサギを掴みあげた時にこの声を聞くことがありました。何にも抵抗しないコもいれば、優しく体を掴まれてもダメなコがいるのです(*_*)

まとめ

ウサギが鳴く、と聞いて驚かれた方が多いと思います。

飼育していない人は聞くことはまず無く、また飼育している人でも金切声で鳴き叫ばれるようなことは無いと思います。

間違っても無理やり鳴き声を聞こうとはしないでくださいね(;^ω^)

プゥプゥ声が聞けるのは、大事に育てている飼い主さんの特権!

キィキィ声を聞くのは本来あってはならないこと!ということですね。

よくある質問 ウサギ
スポンサーリンク
しんじつのふわふわずかん

コメント