ウサギってさみしいと死んじゃいますか?

※こちらの記事ではウサギを一羽、ではなく一匹、と表記させていただきます。

ウサギってさみしいと死んじゃうんだよ!

・・・このような言葉を聞いたことがある方、多いのではないでしょうか?

ドラマのセリフの中や、歌の歌詞にでてくることもあるので一度は耳にしたことがあると思います。

実際ウサギを初めて飼う方の中にも、複数で飼育するべきか悩む方が多いように思います。

でも大丈夫。

ウサギがさみしいと死ぬ、という話は全くのデタラメです。
スポンサーリンク

ウサギはひとりが好き

そもそもウサギは単独で縄張りをもって生活している動物です。

繁殖の時以外はひとり暮らし。

家族と一緒に住むこともありません。

同じ種類といえど、他のウサギがくればそれは侵入者でしかないのです。

ウサギはひとりでいるほうが自然な状態であり、十分幸せなのです。

複数で飼育するとどうなる?

ウサギは単独飼育といわれても、ペットショップでは何匹か一緒に入っているけれど??

と思われる方も多いと思います。

でもそれはウサギがまだ成熟していない子供だから、です。

子供のうちはくっついていたほうが保温性が高いですし、自我も出ていないので縄張り意識も持っていません。

しかし、そのうち成長するにしたがって、同じケージで育ったウサギでも一緒に入れられなくなってきます。

同じ性別のウサギを一緒に飼うとどうなる??

性別が同じウサギどうしであれば生後4か月くらいから少しずつケージ内で小競り合いが起き始め、ウサギのストレスになったりケガの原因になります。

特に、オスのウサギはケンカにならずとも、自分の縄張りの主張の時におしっこを飛ばすので、ケージが別であっても同じ部屋での飼育が難しいことがあります。(メスでもやるコがいますが)

犬のマーキングと違い、ウサギは体をターンさせながらおしっこ飛ばしをするため、ケージの周りの壁が広範囲で汚れるのでとても大変です!

違う性別のウサギを一緒に飼うとどうなる??

性別が違うウサギどうしならあっという間にメスが妊娠してしまうので、一緒に入れることはできなくなります。

また、複数での飼育は、体調管理が難しいです。餌の分配、病気の発見の遅れなどにもつながります。

複数でウサギを飼育してもメリットがないのです。

他のコと仲良くできるウサギ

ウサギは単独飼育が基本ですが、稀に他のウサギと仲良くできるコもいます。

じゃあそういうコにはお友達を一緒に飼ってあげよう!!

・・・というのはちょっと待ってください。

実はそういうウサギは人にも慣れやすいのです。

他のウサギと仲良くできるコにウサギのお友達を与えてしまえば二匹仲良くしてそれまでですが、一匹で飼育して、その代わり飼い主がお友達になってあげると、そのウサギは飼い主さん大好き!な素晴らしいペットになってくれることが多いのです。

ウサギは普通さほど飼い主に依存せず、ドライな部分が多いですが、もし飼い主さん大好き!なコになってくれたら、ウサギだけどだっこ全然OK!後も付いてくる!といったとても素敵なウサギライフをおくることができるでしょう。

まとめ

ウサギの飼育でまず気になる方の多い、「さみしいと死んじゃう」説、こんなに世間で広まっているのに間違っているなんて驚きですね。

ちなみに唯一この説を正しい、とするならば、ウサギは確かにさみしくても死なないけれど、一日水も餌も与えなければ腸の動きが止まり、ウサギは死んでしまうといわれています。

つまり、さみしくないからといって放っておくのはよくないことだということです。

ウサギをこれから飼う方の参考になれば幸いです(*^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よくある質問 ウサギ
スポンサーリンク
しんじつのふわふわずかん

コメント